近年の新しい挙式のスタイルと披露宴を知っていきましょう

結婚式のムービー

結婚式のムービーをプロに依頼するという選択

結婚式で流されるオープニンブムービーは最近ではどの式でも見かけることができます。 内容は新郎新婦の紹介であったり、新郎新婦への祝福の言葉を集めるものであったりとさまざまなもので、制作は本人たちや友人たちが手がける場合が多いようです。 しかし結婚式のムービーの作成には時間や手間がかかります。またビデオカメラやパソコン、動画編集ソフトなど道具もそろえなければなりません。このため、最近ではムービーを専門の動画作成会社に依頼する人が増えています。 動画作成会社に結婚式のムービーを依頼するメリットは、演出や画質を本物の映画のような素敵なものに仕上げることができることです。また依頼に必要なムービーのシナリオや写真・動画のやりとりはメールですることができるので、結婚式まで時間がないという場合でもあいている時間に気軽に打ち合わせができます。 これらのメリットが大きいことから、これからもプロに結婚式のムービーを作成依頼する人は増えることでしょう。

結婚式でムービーを流す際、注意すべきこと

「結婚式でムービーを流す」というと連想するのは、「自分たちの生い立ちのプロフィール写真をムービーにして流す」「友人が自分たちを祝うために、余興としてムービーを作ってくれて流す」などがあげられるのではないでしょうか。 ひとつめの「自分たちの生い立ちのプロフィール写真をムービーにして流す」際、気をつけなければならないことは、「時間に余裕を持って、そのムービーを作成する」ということです。友人に依頼する時も、事前に余裕を持って依頼することが大切です。結婚式の半年前とまでは言いませんが、4.5ヶ月前までには頼んでおきたいものです。自分たちで作成する場合でも、余裕を持って完成させておかないと、結婚式前日に編集作業に追われる・・・なんてことになりかねません。 ふたつめに「友人が自分たちを祝うために、余興としてムービーを作って流す」では、友人が作ってくれた動画が、結婚式場の映写機でうまく映るかどうか、当日事前にチェックすることが必要です。せっかく作ってくれたのに、流せなかったり、流すのに手間取っては残念な結果になるからです。